• ホーム  > キッズ・小学生5つの指導法

キッズ・小学生5つの指導法

5つの指導法
フォニックス
英語圏の小学生が英語の「音」を学ぶときに用いられる指導方法です。アルファベット一つひとつの音をしっかりと身につけることで、初めて見た単語でも正しく発音できるようになります。リスニング力・単語力の土台となる学習法です。
発見学習
WinBeの学習は先生から生徒への一方通行のインプットではありません。
先生の質問に対して生徒が自分で考え自分で答えを発見することで、アウトプットの力を伸ばしながら成功体験を積み重ねられ、やる気アップにつながります。
ダイレクトメソッド
外国人講師のクラスではダイレクトメソッドを用い、クラス内では英語のみでの指導をしております。英語の音に徹底して慣れながら、英語でのコミュニケーション能力を育てます。レッスンカリキュラムの他、日常でも使えるフレーズを自然に身に付けていきましょう。
ペアティーチング
「話す」「聞く」力は外国人講師のクラスで、「読み」「書き」の力は日本人講師のクラスでバランスよく身に付けることができます。
英会話を習っていても、学校での英語教育に大きなギャップを感じてしまう生徒は少なくありませんが、WinBeのペアティーチング法なら学校英語にもバッチリ対応できます。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能をしっかり使いこなせるようになりましょう。
スパイラルメソッド
インプットした知識は、アウトプットを繰り返すことで記憶にしっかりと定着します。WinBeではひとつの単語を「覚える⇒使う⇒使いこなす」スパイラルメソッドで知識を定着させていきます。
一度だけではなく何度も使う事によって、どんな場面でも使いこなせる「応用のきく知識」となります。
入会のお申込み
本部のサイト
ページの先頭へ

セーフティメール
安心な月謝制